晴明神社

神社概要

晴明神社 二の鳥居

晴明神社 二の鳥居

晴明神社(せいめいじんじゃ)は、京都市上京区にある神社である。安倍晴明を祀る。一条戻橋のたもと(北西)にあった晴明の屋敷跡に鎮座する。全国各地に同名の神社が存在する。旧社格は村社。

引用元:Wikipedia

京都の中心にある上京区、その更に中心的な位置に晴明神社はあります。有名な平安時代の陰陽師、安倍晴明を祭る神社として非常に有名な神社です。
住宅街の中にあるのですが、何処となく異質な雰囲気を感じる…言葉にするのは少々難しいのですが、非常に変わった神社です。
境内の壁には安倍晴明の十の逸話も紹介されており、ご参拝時、事前に知識を入れてなくても楽しめるよう配慮されています。

ご参拝のご利益

晴明神社 御本殿

晴明神社 御本殿

陰陽師の安倍晴明をお祀りしている事もあり、「魔除け」「厄除け」に非常にご利益があるとされています。また「病」にもご利益があるとされています。
なお明治38年に現在の本殿が建てられたそうで、非常に重厚でかつ、特徴的な五芒星が至る所に見られる、少々他では見られない特徴的な建物です。

家紋について

晴明神社 晴明桔梗印

晴明神社 晴明桔梗印

非常に珍しい家紋で、一般的には五芒星と呼ばれる形であり、晴明桔梗印と呼ばれています。
万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという五行説・五行思想からなる家紋であり、他では見た事がありません。
安倍晴明ならではの家紋と言えますね。

鳥居と手水舎

晴明神社 一の鳥居

晴明神社 一の鳥居

形としては一般的な明神鳥居ですね。材質は石で出来ていると思います。
しかし変わっているのは額の部分、通常神社名等が入る所に、家紋である晴明桔梗印が書かれています。
独特な神社の大きな特徴の一つとなっていますね。

晴明神社 手水舎

晴明神社 手水舎

二の鳥居を入って右側にある手水舎です。建物としては意外にオーソドックスな作りですね。
少々陰になっているのが残念ですが、手水舎の右側奥に「晴明井」という名の井戸が見えています。この井戸の水は実際に飲めるそうで、病気平癒の効果があるとされています。

アクセス方法

電車での最寄り駅は烏丸線の今出川駅ですね。
私は市バスでアクセスしましたが、バスでのアクセスも良いと思います。
近くに白峯神宮もあり、併せてご参拝してみては如何でしょうか。
なお、車は駐車場がないので止めておいた方が良いと思います。
アクセスについての詳しくは、公式サイトのこちらもご参照ください。

おまけ

晴明神社 厄除桃

晴明神社 厄除桃

古くから厄除けの果物として有名な桃が鎮座していました。
思わず触ってしまいたくなるような立派な桃ですね。
こちらにも特徴的な、晴明桔梗印が記されています。

外部リンク

コメント

  1. 水上基地 より:

    五芒星が独特の雰囲気を出していますね。
    京都は修学旅行でしか行ったことがないので機会があれば行きたい神社です。安倍晴明は陰陽師のイメージがあるので、御利益ありそうです。
    今後も更新待っています。

  2. colonbeta より:

    基地さま
    コメントありがとうございます♪

    中々不思議な雰囲気が拙い写真から少しでも伝われば幸いです。
    当時を思い出すとこの神社、ほぼ私以外は女性だった気が…。
    やはり安倍晴明人気は凄いと思いましたね~。
    まだ夏の暑さの残る9月初めに訪問したのですが、
    暑さでクラクラしたのを覚えています。

    今後も更新して行きますので、
    またお気軽にコメントをお願い致します。